FB福岡吹奏楽団練習(2018/11/11)

◇合奏した曲
蕾(コブクロ),キセキ(GReeeeN),サザエさん ア・ラ・カルト,鉄腕アトム,ヤングマン(Y.M.C.A)
◇参加者
Conductor1,Clarinet1,AltoSax1,Trumpet1,Trombone1,Euphonium1,Tuba1,Drums1 の計8名

ブラスフェスティバル・イン・ニューイヤー以来10か月ぶりにFB福岡吹奏楽団に参加してます。
11/18フレスポ鳥栖でのイベントにTubaで賛助しようと出向いた私を待っていたのはEuphonium吹いて!
え?と思ったら金管中音域パートが薄いということで、「Tubaで吹いてもいいよ~」の一言に試してみようかと。
で実際にやってみると合奏になじまない、代わりに城嶋先生からEuphonium(YEP621)をお借りして再度挑戦。
とここで注意すべきが、5年以上の矯正治療で上下の歯にブラケットついてる私。
Tubaのマウスピースは辛うじてダメージないものの、小さいEuphoniumではブラケットの当たりが結構痛い。
久しぶりのB♭管指使いにも間違い起こして空中分解するんじゃ?という低空飛行でした(大げさ?)
楽器に息入れるのも十分でなかったけど、YEP621の素直な響きに助けられて何とかこなしてます。。。

合奏した曲の印象を少し(あくまで私個人の印象です)。
「蕾」聴きなれてないジャンルになるのか旋律のノリに苦労。もつれてテンポが前に行かないよう注意。
「キセキ」こちらの旋律はとっつきやすい一方、メリハリつけないと一本調子になるきらいあり。
「サザエさん」何回と演奏してるので手慣れた進行。本番ではパート増えて旋律繋がりますように。
「鉄腕アトム」こちらも安定した雰囲気。よく知られた旋律なのでテンポ・リズム丁寧にせねば(汗)
「ヤングマン」ノリとメリハリを勢いづけていきましょう。私はEuph振って遊んでたりしてたの(爆

当日は午後集まってリハーサル~本番となる流れ。
午前中にKME Wind練習あるので、Tuba・Euphonium二丁拳銃で頑張ろうと考えてましたが、
KME練習も午後に移ること(=ダブルブッキング)判り、Euphonium一本で日曜日を乗り切ることに。
お世辞にも吹きこなしている私でありませんが、ブラケットにワックスつけて何とか取り組んでいきましょ。

おまけ、
練習でお母さんと一緒に来ていた小学生の女の子。合奏中は隅っこでゲームや読書で遊んでます。
ふと読書しているとこ見たら、「まんがサイエンス(あさりよしとお)」ば読んでるのにビックリ!
あさりよしとお と言えば「中空知防衛軍」「ワッハマン」「るくるく」などちょっと変わったSFが好きな私。
科学を真面目にギャグしてる彼の作品を楽しんでる彼女の将来が楽しみです(^^;

広告
カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

LoveBrass!!(2018/10/20)

◇演奏曲
宝島,アフリカン・シンフォニー,星条旗よ永遠なれ
◇参加者
Conductor2(藤重 佳久,杉山 淳),演奏者250名(ざっとの印象)

久しぶりに長崎県での自由演奏会に参加してきました。
自由演奏会は2003年のin福岡に参加して以来15年、自分の生き方をちょっと変えてくれたイベント。
今回は学生さんの元気さに圧倒されるばかりのひと時でした。
この自由演奏会は地元TV局・ラジオ局が主催するイベント「Lovefes2018」オープニングの一部として開催。
サイト見たところ、楽器あれば無料で参加できるとの記載あり。これは行ってみたいなぁと遠征を決断。
事前に“ぷりんと楽譜”で譜面を用意、当日は6:00自宅出て特急かもめ3号で長崎へ向かっています。
IMG_4908 IMG_4909

長崎駅には8:35到着。10:15集合までには時間に余裕あるので会場の水辺の森公園へTuba背負って徒歩移動。
途中で見かけた稲佐山や青空に映えて気持ちよさそう。軍艦島への観光船も多くの人が乗船してます。
IMG_4328 IMG_4331
IMG_4333 IMG_4334

9:00前に到着すると特設ステージ付近で多くの学生さん音出ししており、えらい参加率の高さにビックリ!
その後の流れで理解したところでは、市内の中高吹奏楽部がオープニングセレモニーで単独演奏した後に
自由演奏会(Lovebrass)を行うとのことでした。ちなみに一般参加で来ていたのはざっくり20名強でしょうか。
楽器は岸壁に近いエリアにしつらえた椅子・テーブルの間に配置。すぐ近くには巡視艇が??
同じTubaパートで島原から一般参加していた男子中学生、聞くと九州管楽合奏団Tuba奏者の丸田先生に
指導頂いてるそうでしっかりした音色で吹き込んでました。将来が楽しみですね^^
何となくスナップ置いておきましょうw
IMG_4922 IMG_4923
IMG_4924 IMG_4926
IMG_4930 IMG_4931

指導は長年にわたり精華女子高校を率い、現在は活水学院で吹奏楽を指導さ れてる藤重先生。
今回は自由演奏会ということで、発起人の杉山先生もSpecial Guestで参加されてます。

10:00過ぎにステージ前にぞろぞろ集まってる最中に、藤重先生の合図でいきなり「宝島」吹くことに。
イベントとしてはリハーサルなんですが、多くの学生さんと一緒に吹けて楽しい気分Up。
後半Trumpet&TromboneのTuttiにもTubaでトライ、入りイマイチだったので本番頑張ろうと決意。
奮闘気分メラメラなとこですが、イベント進行に応じてステージ前広場に座り込んでセレモニーを見学します。

10:30に活水学院女子中学高校によるファンファーレでオープニングセレモニー開始。
パートごとに色揃えたポンチョで奏でてますが、どのパートも伸びやかに響いているのが印象的。
「76本のトロンボーン」聴いてると何と言うか、レベルの高さに唸ってしまうばかりの演奏でした。
その後、主催メディアの挨拶を経て学校の単独演奏が4団体続きます。簡単に印象記します。
IMG_4933 IMG_4934
IMG_4935 IMG_4936

戸町中学校
30名弱の中編成ながらスウィングがばっちり決まった演奏。「故郷の空」Sousaphoneソロが素晴らしい
IMG_4939 IMG_4940

長崎商業高校
カラーガードや踊りで魅せる演奏。ここのTubaは全員マーチングタイプで立奏してます。
IMG_4942 IMG_4943  

長崎南高校
制服姿で演奏してますが、皆んなテンション高めの声で熱演。まとまりと集中力が凄い! 
IMG_4949 IMG_4951

長崎女子商業高校
”響”と書かれたトレーナーで演奏。手話を交えた「ドラえもん」などお客さん楽しませる姿勢伺えます。
IMG_4953 IMG_4954

さて自由演奏会は11:30から公開リハーサル。
メインステージをPercussion、その他の楽器はステージ下の芝生にて立奏するスタイル(Tubaは椅子有)
Tubaパート数えてみたら何と14名!(内訳:Sousaphone6, MarchingBass3, B♭Bass1, B♭Tuba3, CTuba1)
他ぱーとまで見渡すと圧倒的に女子が多く、すごく若々しさを感じる合奏体だなぁと思ってしまう私(^^;
杉山先生による自由演奏会の指導は久しぶりですが、いつも通りの流れです。
→「音を出す」と言われたらチューニングでなく自由に吹き鳴らす。お客さんへも拍手の練習で盛り上げ。
以降、演奏曲の感想を記しますが、動画がないと当時の雰囲気が全然伝わらない。。。
IMG_4956 IMG_4957
IMG_4958 IMG_4959

「宝島」 サンバを意識してステップ踏みながら演奏。後半はウエーブ入れて盛り上げ!
「アフリカン」 楽器でサバンナの動物の鳴き声模した吹き方でアフリ感ば目指してます。伴奏キツい(汗
「星条旗」 ドラムマーチ入れるスタイルで進行。TrioのPiccoloソロは皆んなで盛り上げてます。
どの曲でも地元TV局の撮影スタッフさんが目立つ奏者にカメラ向けていましたね。

リハ終わって10分休憩の後に本番演奏開始。
どれもエキサイトしないと吹ききれないので、椅子にカバン置いて立奏で頑張ろうと取り組んだ私。
「宝島」のTuttiも立ったまま奮闘しました。出来はまだまだ粗かったなぁと反省。
でもメチャクチャでいいの言葉に発奮して他の曲もステップ踏んでベル振って懸命に吹いたひと時。
秋空の晴天の下、歳のことすっかり忘れて楽しんでました。迷惑でなければイイのですが・・・(汗
終了後には藤重先生よりTuba頑張ってくれてありがとうと握手頂いてます(恐縮)

楽器片付けた後は昼食・お土産購入し、知り合いの参加者と一緒に帰福の途へ。
19:00に自宅に着いて自由演奏会が終わってます。お土産は長崎銘菓2品ほど。
来年も大人数で催したいと藤重先生仰ってました。都合つけばまた行きたいですね。
はしゃぎ過ぎないところで楽しめますように。各学校の皆さんの成長も期待してます♪
IMG_4964 

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

アクロスクラシックふぇすた 自由演奏会2018 ブラスジャンボリー(2018/10/06)

◇演奏曲
美中の美,「西郷どん」メインテーマ,マンボ No.5,いざゆけ若鷹軍団,歌劇「ローエングリン」から“エルザ大聖堂への行列”
アフリカン・シンフォニー(アンコール)
◇参加者
Conductor1(松澤 洋),演奏者150名(主催者情報)

10/6・7両日にアクロス福岡でクラシックふぇすたが催され、私は10/6の自由演奏会ブラスジャンボリーへ参加。
今回は朝から晩までフルに楽しんできてます。ちょいと遅ればせ思い出し日記にまとめてみましょう。

おりしも台風25号が九州に接近しており各地でイベント中止、交通機関にも減便・運航中止の知らせある中
アクロス福岡Website見たところイベントは予定通り実施との通知あり。これは是非とも参加するぞと奮起?の私
遠足前の子供みたいに5:00前には目覚めてネットで台風進路・運行情報を調べつつ朝食・身支度を実施。
前倒し行動したく7:50にはTuba抱えて最寄りのバス停から天神に向かってます。
(バス停に向かう時点で、歩いてる途中にTubaが風にあおられてちょっとヨロケテしまいそうな勢いでした。。。)
アクロス福岡へ到着したのは8:14.この時点でホール入り口には誰もいらしてなかったので自称一番乗りかも(^^ゞ
台風接近中だから人集まるかなぁと心配してますが、9:00受付開始前時点で30名近くの勇者が参上。
数名に伺ったところでは、前泊・自家用車・高速バス・かろうじて西鉄電車 等といろんな手段で移動されてます。
IMG_4778 IMG_4779
IMG_4781  IMG_4783 IMG_4782
IMG_4784 IMG_4785

受付済ませ楽器準備、いざステージへ参上としたところで驚くべき事実が発覚。
例年サポートバンドとして参加くださっている精華女子高等学校は台風に対して安全確保のため不参加。
また、上記の事情とは別にTubaパートが私と常連さんの2名のみ。<どうも他に申し込みなかった模様(><;
ウォーミングアップ中に金管パート見渡すと数えた範囲でTrumpet7,Horn7,Trombone5,Euphonium7とまずまず。
一方の低音群はBassClarinetとFagottoは0,BaritoneSax1,StringBass2,ErectricBass1な具合
主催者発表では150名ほどの参加者の6割は木管という中で低音が薄いのはプレッシャー。
まぁそこは出来る範囲で暴発に注意しながら鳴らそうと構える次第な私。
なお今回の「西郷どん」は小島里美さん編曲、対し1月のみやんじょ吹奏楽フェスタで演奏した方は高橋宏樹さん編曲。
見比べたところキー・進行は一緒で、差分は勇ましい部分でのリズムぐらいでした。
IMG_4789 IMG_4786
IMG_4787 IMG_4791

リハーサル前にアクロス福岡スタッフよりご挨拶。続いて松澤先生が本日69回目の誕生日紹介あり。
自然とHappy Birthday to Youの歌声がホールに響いてます。私は小さくTubaで旋律吹いてましたねん(^^;
以下にリハーサルでの演奏曲の印象を一曲一行で。
「美中の美」は指摘なくざっと流していく感じ。もちろん強弱のメリハリには気を付けてます。
「マンボ」各所の決めリズム揃えながら進行。中盤からのTrumpet牧原正洋さんアドリブは強烈にキました(褒め
「西郷どん」は後半にソプラノ歌手山崎晶子さん完全ソロ置いて雰囲気づくり。こちらも全般あっさりめ
「若鷹軍団」はキッズ音楽隊4名がマラカス振ってます。Trumpetで応援団級のハイノート飛ばすのには驚き!
「エルザ」は伴奏のハーモニー(特に転調部)を念入り確認。ラスト盛り上がりは体力勝負で乗り切らねば(疲
「アフリカン」は恒例なので手慣れた感じ。Percussion人数ぎりぎりだったので懸命に頑張ってましたね。
IMG_4795 IMG_4796
IMG_4803 IMG_4817
IMG_4812 IMG_4792
IMG_4813 IMG_4814
IMG_4815 IMG_4802

30分弱休憩して12:30から本番ステージ。客席は私から見える範囲40名くらいのお 客さんが来ています。
まずは挨拶代わりに「美中の美」を披露して開演です。個人的にはもっと鋭く吹けたらなぁと反省(・・;
その後は司会入って進行。NHK福岡放送局で気象予報されてる方(Clarinet吹き)の台風予報もあり♪
演奏する時間はあっという間という表現がぴったりなくらい短く楽しかった40分のステージ。
お客さんには楽しみながら吹いてる姿が伝わったでしょうか?
特に「エルザ」は中1のコンクール自由曲で演奏して以来何度も吹く機会ありますが、いつも旋律の美しさが印象的。
吹奏楽で他のヴァーグナー作品(「さまよえるオランダ人」「ニュルンベルクのマイスタージンガー」など)聴く機会減ったけど
大事にしていきたい一作と思う私。そいえば中2では歌劇「リエンツィ」序曲やってました。。。(懐
IMG_4811 IMG_4828
IMG_4809 IMG_4808

ブラスジャンボリー終わってからは地下2Fで催している楽器ふぇすたへ。
日ごろ目にすることのない管楽器が一堂に展示してあり、試奏できるのが楽しく、多くの人で賑わってます。
特にTubaでは大手に混じって新興ブランドの個性的なデザインが置いてあって目を引きましたね。
自分もPreson,Miraphone,B&S,YAMAHAのC管Tuba吹き比べて吹き応えを確認。
廉価版はそれなりの響き、高級機になると奏者の息を効率よく響きに変えてくれる効率の良さを実感。
一方で重量Upに対して楽器支え方(座り方)も注意が要りますね。いちばん問題は懐具合かな(汗
ふぇすた風景と試奏してるとこ撮ってもらった画像置いときます。
IMG_4831 IMG_4832
IMG_4829 IMG_4835 
IMG_4843 IMG_4845

締めは19:00円形ホールで催された東京音楽大学吹奏楽アカデミー開設記念コンサート。
Euphonium奏者の第一人者である外囿祥一郎さん出演ということで、音楽仲間と1時間前から並んで待機(5番目くらい)。
後から来た人と雑談してると、外囿さんが福岡工業大付属城東高校(当時は付属高校)出身とあって関心高し。
円形ホール立見が出るほどの大入りな演奏会は藤原亜美さんPiano伴奏で4曲(画像参照)披露されてます。
どれも高域から低域まで力みなく柔らかな音色が魅力的でした。Piano伴奏も主役食ってしまいそうな存在感!
アンコールはフニクリ・フニクラ変奏曲を難なく吹きこなしており、凄い!の一言です
間近で見ていた人は「どんなところでもアンブシュアが全く変わってない」との感想でもレベルの高さに唸ります。
なお外囿さん画像は演奏中の撮影不可だったのでありません。ゴメンナサイ。。。
IMG_4836 IMG_4838

朝から宵の入りまでフルに音を楽しむ(演奏する・体験する・聴く)時間過ごして20:00前に帰宅の途に就いてます。
さぁ、自分も動ける範囲から自分&周りが楽しくなる活動していきたいですね。無理せず行きましょう。

おまけ、
“フニクリ・フニクラ”で検索すると、“鬼のパンツ”という単語も一緒にヒットします。
確かに鬼パンは語呂合わせで有名と思ってたのですけど、童謡になっているとは知らずびっくりでし(苦笑

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

第10回アンサンブルフェスティバル(2018/09/24)

2018年の9月は3連休が2回あり。
1回目の3連休はリビングレイアウト検討でが暮れてしまい、放生会(ほうじょうや)・中洲ジャズフェスティバル等
各種イベントへ足が向いてませんでした。
2回目の3連休は実家に一泊帰省し夕食会や彼岸花見物、そして最終日にアンサンブルフェスティバル本番へ。
少ない練習でしたが、各自の工夫でまとまりあるステージになったと評価します。

前日の帰省疲れ物ともせず?6:30に起き朝食・身支度で9:10には自宅出て曰佐中へ。
クラシックステージですけど、気分盛り上げたくて唐津ロックフェスで買ったオムニバスCDをカーステぶち鳴らし。
アニマルズ,Mutant Monsterなど魅力的なサウンドに調仕上がりそうな予感。
IMG_4768

9:40曰佐中に到着して音出し・KMEメンバーで軽く通し合奏したところで、最終リハーサルへ。
何と最終リハは曰佐中生徒さんの前で模擬ステージ進行する形式で実施してます。
当日初めてフルメンバー揃った合奏なので心配ないものの、生徒さん目の前にするとちょと緊張。
まぁそこは演奏に慣れること優先に考えて披露。制限時間内に収まったので良しとしましょう。
続いてはEnsemble-K4名で「Andante Cantabile」「Oblivion」を披露。こちらは落ち着きある演奏。
最後に曰佐中メンバー14名による「West Side Storyメドレー」。合図を分担して進めてます。
急に講評振られた私、「緊張するかもしれないけど、落ち着いてステージこなして下さい」とコメントしてます。

11:00過ぎには一旦解散となり各自会場の春日市ふれあい文化センターへ移動へ。
自分は吉野家で昼食とって春日公園の野外音楽ドームにてウォーミングアップの続き実施。
既にどこかのTuba吹きさんいらしゃるので、端っこで吹き込んでる私でし。
疲れないよう軽く吹くつもりが力入ってきて「アルセナール」後半ではバリバリ音割ってる状態<をい!
30分強で自主練切り上げ、「おっじゃましましたー」と撤収(会場へ移動)してます(^^;;
IMG_4769

春日市ふれあい文化センターではミニホールに集まって最終調整。
ソロコンテストに続くアンサンブルフェスティバルは曰佐中の出演が一番最初なので早々に舞台裏へ。
IMG_4770 IMG_4772

生徒さん励まして本番演奏を聴いてますが、落ち着いて奏でていたのが良かったです。
技術的・音楽的な取り組みはこれからとして、ステージ経験積むことで将来を期待したいですね。
2番目の大野城市民吹奏楽団 サクソフォン五重奏は「だったん人の踊り」「風になりたい」
同じく舞台裏で聴いてると、楽しさが伝わる演奏で練習を積まれたこと伺えました。

そしてKME Wind本番、緊張なくステージに入ったところ客席は学生さん中心に40名位いたでしょうか。
をださん合図で「L-O-V-E」スタート。前奏が思った通りできたのでベル振って気持ちよく進んでる私。
後半のPercussionソロ、をださんハイハットや私の譜面台など工夫して叩いて変化つけてましたね。
「銀座の恋の物語」は1コーラスのみですがムード歌謡の雰囲気伝われば何よりです。
「Spiel Star Spur!」はテンポ揃えとメリハリに集中。細かいミスあれど一番仕上がったと評価。
無事にステージ通せて参加した皆さんに感謝でありました。

楽器片付けてから他のアンサンブルも聴いてますが、どこも実力あって羨ましい。
日々の練習量から違うのでしょうから、まずは活動できる範囲でどこまで表現できるか考えなきゃ。。。
最後にプログラム表紙とプログラム一部を載せておきます。
IMG_4775 IMG_4776

◇3番 KME Wind Ensemble 混合九重奏
L-O-V-E,銀座の恋の物語,Spiel Star Spur!(シュピール・シュタール・シュプール!)
◇出演者
Flute1,SopranoSax1,AltoSax1,TenorSax1,Horn1,Trumpet1,Euphonium1,Tuba1,Percussion1 の計9名

◆おまけ
私のTubaソフトケースって、BaritoneSaxハードケースとほぼ同じ高さだそうで、
知らないうちに一時保管場所になってたことビックリでありましたわ(笑
IMG_4774 IMG_4773

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

彼岸花 二題(2018/09/23)

彼岸花は、福岡市内でも花壇のすみっこに自生していること見かける身近な野草と思ってます。
で、秋分の日にあわせて鹿児島(さつま町)の実家に帰省したら、田んぼの畔に彼岸花が一杯。
日曜朝に母親の散歩に同伴してますが、赤や白、黄色の彼岸花が咲いており見事な風景であります。
散歩しながらちょいとスナップ撮影
IMG_4722 IMG_4724

この日はちょうど柊野(くきの)地区で「ひがん花まつり」催していたので家族と一緒に見学へ。
柊野は市街地から車で30分ほど離れた紫尾山の麓にあり、小学校跡地をメイン会場に周辺を散策します。
この季節に来たのは初めてだった私。稲穂の垂れた田園地帯のあちらこちらに多くの彼岸花が群生。
秋晴れの日差しのもと汗ばみながら彼岸花愛で・撮影しているひと時です。
思いがけず地元の同級生に逢ったのも印象的でした。記念に撮った画像ば置いていきましょ。
IMG_4725 IMG_4735
IMG_4734 IMG_4740
IMG_4742 IMG_4744
IMG_4748 IMG_4750
IMG_4757 IMG_4755
IMG_4764 IMG_4766

カテゴリー: 日常のこと | コメントをどうぞ

KME Wind練習(2018/09/17)

◇合奏した曲
L-O-V-E,銀座の恋の物語,Spiel Star Spur!
◇参加者
SopranoSax1,AltoSax1,TenorSax1,Horn1,Trumpet1,Tuba1,Percussion1 の計7名

来週はアンサンブルフェスティバル本番。
大野城まどかぴあ練習室に集まっての練習でした。
前半はEnsemble-Kのサクソフォン4重奏、後半KMEメンバーも加わって練習という流れ。
少し早めに到着したところ、最終合奏するところで静かに聴いてます。
率直な感想として一曲目「Andante Cantabile」はそつなくこなそうと大人しい雰囲気。
二曲目「Oblivision」は各楽器の表情が豊かに表現されてイイ感じ。
まるでコンクールの課題曲・自由曲に似てるとコメントした私。生意気言ってスミマセン。。。

後半からのKME Wind合奏はステージ進行を意識した仕上げ合奏。
まったり取り組んでるKME Windでありますが、今回は3曲を制限時間に収める必要有。
通し合奏で時間確認+録音聴きながら各自の課題を認識。細かい処だけさらい直してます。
ウォーミングアップそこそこに合奏したせいか最初はもたついた感ありますが、
数回繰り返すことで勘どころ思い出してまとまり良くなってきてます。
とは言え、録音聴くと音立ち上がりの遅れ、音量変化の乏しさ、不揃いなフレーズ・テンポ、
練習室の響きも生音拾って課題が尽きません。
考えすぎず、自分のコントロールできる部分に注力して本番へ臨んでいきましょう。
自分ですが、まずは「L-O-V-E」冒頭をきちんとこなせるよう譜読みしておきます。
それと「Spiel」Trio旋律も準備しておかねば。。。(汗)

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

KME Wind練習(2018/09/09)

◇合奏した曲
L-O-V-E,銀座の恋の物語,Spiel Star Spur!
◇参加者
SopranoSax1,AltoSax1,TenorSax1,Trumpet1,Euphonium1,Tuba1,Percussion1 の計7名

9月になりました。
KME Windは24日のアンサンブルフェスティバルに向けて練習というところ中々集まらない。
開場から1時間近くたってやっと3人、その後は合奏途中でぼちぼち集まって何とか進めてます。
をださん所用で中座する都合により前半は制限時間内に収めるためにカットの検討、
後半は残ったメンバーで細かい仕上げ確認で合奏繰り返してます。

前半のカットについては、3曲を通し時間計測にて「L-O-V-E」「銀座の恋の物語」をあっさり目、
「Spiel」を原曲のまま通すことで目途ついてます。ポイントは曲毎の気分切り替えでしょうか。
後半にそれぞれの曲をさらい直し。
「L-O-V-E」は冒頭&ラストで縦の線合わせれば十分いけそう。後半のTutti揃えに注意です。
「銀座の恋の物語」はムード溢れる旋律聴きながらも遅くならないよう用心。
個人的には後半盛り上がりでSopranoSaxのハーモニー響いたら”もうオッケー!”な気分(謎
「Spiel」はTrioで不在パート旋律をどうしようかと思案。
各メンバー休みの部分に旋律追加して対処することに。という私もTrio最初の旋律にTryしてます。
類似の旋律をパートまたいで変化していくのが伝わるよう気を使いましょう。
あとは前半の強弱メリハリとテンポ安定と考えるところ。私も暴発しないよう気を付けます(--ゞ

さて24日の本番進行もらいました。詳しくはこちら → http://bit.ly/2oQpN0i
高校生のソロコンテスト終わってからの14:25開始で9団体出演します。
KME Windは3番目ということで14:42~14:51の時間帯でステージ乗ることになる模様。
自己満足に留めず、聴いてる皆さんにも楽しさ伝わるよう前向きにいきましょう。

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ